プロテインダイエットのやり方で一番効果があがるのは

プロテインダイエットと基礎代謝

 

プロテインダイエットで使われるプロテインですが、これはたんぱく質の塊です。プロテインは人間の体を構成するために必須とされる栄養素であり、また肌や髪の毛、爪などの生成についても重要な役割をもった成分です。そんなプロテインが今、なぜダイエットに効果的といわれているのでしょうか。

 

その理由はプロテインによって筋肉をつけて、体脂肪を減らすために重要な基礎代謝をアップさせて消費カロリーを増加させることができるからです。

 

この「基礎代謝」ですが、人間が生きていくのに最低限必要な機能、たとえば心臓が動いたり呼吸をしたりするために必要なエネルギーのことを言います。つまり、生きているだけで眠っていても消費しているエネルギー量です。

 

この数値は成人男性であれば1200kcal〜1500kcal/日、成人女性では1000kcal〜1300kcal/日が一般的な量であると言われています。

 

こうした基礎代謝量はどのようにして決まるのかといえば、エネルギー消費に大きな影響を与える筋肉の量によって左右されます。筋肉は、脂肪を除いた体の組織の中で何と約40%にものぼり、基礎代謝にかかるエネルギー消費を最も行っている体の組織です。

 

ご存知のように、体を鍛えるほど筋肉量は増加するため、それによって消費されるエネルギー量もアップするようになります。基礎代謝は筋肉量によって大きく左右されるものであり、同じ体重だとしても筋肉量が多い人であれば基礎代謝が高く、消費エネルギー量も多い、つまりダイエットに成功しやすい体質であると言えるのです。

 

ですからプロテインダイエットにおいては、カロリー消費量を増やしていくことがダイエット成功のキーとなります。ただの食事の置き換えでカロリーを抑えることではなく、消費するカロリーに焦点を当ててみると効果が実感しやすいかもしれませんね。

 

 

プロテインでたんぱく質をどれくらい補うべき?

 

プロテインには多くの種類の商品があって、その目的によって摂取するものも違いますし、摂取方法も異なってきます。今回は、ダイエットを目的としたプロテインの摂取方法についてご紹介します。

 

基本となる摂取方法としては2パターンあるのですが、それは食事の代りに一定量のプロテインを摂るパターンと、運動をしながら摂取するパターンの二つです。

 

ただプロテインを摂取するだけではダイエット効果は期待できず、あくまでプロテインで身体の基礎を整えて脂肪を燃焼しやすい身体にして運動を行ってこそ初めて効果が出てくるものなのです。

 

プロテインをどうして摂取するのかと言いますと、たんぱく質を補うためです。このたんぱく質は、日本人は特に不足しがちといわれているものですが、もともと人間は一度に多くのたんぱく質は吸収できないようになっています。吸収できなかった分の余ったたんぱく質は脂肪に変わってしまい、肥満の原因になりますからこうなってはダイエットは失敗です。

 

ですから、摂取量のコントロールが必要となってきます。たんぱく質摂取量の目安としては、特別な運動習慣のない生活をしている方であれば1日に体重1kgあたり1g〜1.1gを目安にし、運動している人はこの1.5〜2倍くらいの量を摂取量として目指します。

 

この全てをプロテインで補うことはできなくはありませんが、そうすると非常に味気なく、そしてバランスの悪い栄養状態になってしまいます。ですから、普段の食事をベースとして、摂取できない不足分のたんぱく質をプロテインで補うという形が良いと思います。

 

他のダイエット同様、プロテインダイエットも効果に個人差があります。最低でも3ヶ月は続けてみて効果のほどを考えてみるのが大切ですから、あせらずに行いましょう。

 

プロテインはアスリートだけのものじゃない

 

プロテインという言葉は非常に知名度も高くなりましたから、プロテインと聞くとアスリートが筋肉増強の為に飲んでいるものとしてすぐに頭に浮かぶのではないでしょうか?

 

ですが、正式にはプロテインとは人間の身体を構成するために必要なアミノ酸の集合体のことを言い、それを利用した食品のことを言います。筋力の向上だけが目的なのではなく、健康維持や改善、美容のためなど、実際には幅広い用途で用いられているものなのですが、日本においては筋力アップのイメージが非常に強くなっていますね。

 

さて、こうしたプロテインを利用したプロテインダイエットですが、ダイエット全般を成功させるために必要なこととして、低カロリーでバランスのよく栄養を摂れる食事をすることと、適度な運動が大事だと言われています。当たり前のようですが、これを実際に行うのは簡単ではありません。

 

バランスのよい食事ということですが、私たちの今の食生活は意識せずに食事をしていくと炭水化物と脂肪が多くなりがちです。たんぱく質も、人間の身体に必要不可欠な3大栄養素と呼ばれているもののひとつですが、これは不足しがちなのだそうです。

 

このたんぱく質が不足すると筋肉量の減少が起こってしまい、基礎代謝の低下をお越し、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

 

たんぱく質の不足を補うためには高たんぱくな食品を食べることはもちろん効果がありますが、それは一方で多くの脂肪などを取り込む結果になりますので、たんぱく質や消化吸収を助けるビタミンやミネラルを豊富に含んだプロテインを使って補うことが非常に効果的になるわけです。

 

このプロテインを適正に摂取することができれば、体を健康に作りながら軽い運動と組み合わせてダイエット効果もてきめんに発揮してくれる効果が見られるのです。

 

プロテインを飲むタイミングは?

 

プロテインは筋肉を成長させる上で大きなl効果を発揮する食品ですが、このプロテインを摂取するための適切なタイミングはあるのでしょうか?

 

プロテインは、ただ適当に飲んでも効果があまりなく、筋肉作りが活発に行なわれる「成長ホルモンの分泌が多く行なわれる」タイミングで飲むことが重要なのだと言われています。

 

そしてこのタイミングがいつかと言いますと、トレーニングや運動を行った後の30分以内と言われています。この時間帯が、成長ホルモンの分泌が最も多い時間帯で、筋肉のゴールデンタイムと言われるものです。ここに成長が起こりますから、この時に成長に必要なたんぱく質が無ければ効率的な成長ができないということになりますね。

 

ですから、この時を狙ってプロテインを摂取することで、効率的な筋肉の成長が成されるということです。ですから、運動が終わった後は早めに、遅くても30分以内にはプロテインを摂取するようにしていきましょう。できれば運動の直後が最も効果的だと考えられます。

 

プロテインは消化・吸収が早いのでこのような時間帯で大丈夫ですが、通常の食事であればこうはうまくいきません。通常の食事の場合は運動の前から食べておく必要がありますが、結果として運動時のパフォーマンスを落としてしまうリスクがあります。

 

ですから、狙ったタイミングで必要なたんぱく質を摂れるのが、プロテインのメリットということができるでしょう。後は成長ホルモンの分泌が盛んな睡眠後の1時間〜2時間がもっとも筋肉が成長しますから、就寝前にプロテインを摂取しておいて体にたんぱく質をためこんでおきましょう。

 

健康的なプロテインダイエット

 

最近、若い女性の中で問題になっているのが痩せ気味ということだそうです。これは小さい頃から細いことが美しいことと刷り込まれてきたために、ダイエットを幼い頃から意識したりして過度の小食になっている人も多く、健康状態の悪化を招き大きな問題であると言われています。

 

テレビ番組でもダイエットをテーマにしたドキュメンタリーや情報番組は人気コンテンツのひとつで、テレビ向きな面白い過激なダイエットも多く、そうした風潮もあって実際に過激なダイエットに取り組んでいる女性も少なくないそうです。

 

そうした中のひとつが食事制限ダイエットで、食べなければ痩せるという単純な方法論は理解しやすい反面、ただしい栄養管理の方法を知らないとただの絶食になってしまい栄養失調などの症状を招くことも少なくありません。カロリー摂取を控えることが目的になってしまうと、どうしてもたんぱく質などの必要な栄養素が不足するようになります。

 

このたんぱく質が不足した場合には筋力の低下が起こり、基礎代謝の低下が起こってしまいますから、それによって脂肪の燃焼が非効率になって逆に太りやすい体になってしまいます。ダイエットについてはきちんとした知識をもとに、健康的なダイエットを本来するべきなのですが、情報が先走りしてしまっている感は否めません。

 

カロリーが気になるという方にオススメのダイエット方法としてプロテインダイエットがあるのですが、これは一日の食事のうち1食をプロテインに置き換えるダイエット方法です。

 

プロテインダイエット用のプロテインは栄養バランスに配慮されたものが多く、たんぱく質はもちろん、体を構成するために必要な栄養素が多く含まれているのでカロリーを減らしつつ栄養バランスは整えていくことが可能です。栄養の偏った無理なダイエット方法ではなく、こうした健康的なダイエット方法で、正しい美しさをぜひ手に入れて欲しいと思います。

 

セロトニンへのトリプトファンの役割

 

セロトニンという神経伝達物質を知っていますでしょうか。人が生きていく上で必要不可欠な物質だといわれており、ストレス軽減や精神面をコントロールしてくれる働きがあります。

 

うつ病の患者さんなどはセロトニンが不足することで精神的に不安定になることが多く、抗うつ剤などにはセロトニンが含まれている程、精神面に作用します。

 

このセロトニンという物質は人間だけではなく、動物や植物に備わっている物質であり、生きているもの全てにとって大事だということを理解しておくといいでしょう。また、あまり知られていないのですが、実はセロトニンは脳内には1割しかなく、残りの9割は小腸に存在しています。

 

この1割の脳内セロトニンが精神面に非常に影響しており、過度なストレスなどでセロトニンが不足すると精神状態だけではなく不安感、不眠、疲労、集中力ややる気の低下、イライラなどを引き起こしてしまいます。

 

では、そこでどうしてトリプトファンが出てくるのかというと、トリプトファンは食べ物などに含まれており、それを摂取することでセロトニンの生成をサポートして、セロトニンが増加します。セロトニンを食事で直接摂取することは出来ませんので、トリプトファンを摂取してセロトニンを増やすという仕組みになります。

 

セロトニン サプリでもセロトニンを増やす上で必要不可欠な成分だということになります。また、トリプトファンを摂取するだけではなく、太陽光を浴びたり、人と話をしたり、リズムのある運動をしたりすることでセロトニンが増えますので行動を起こしてセロトニンを増加させてください。

 

歯周病と糖尿病の関係は深い?

 

一見すると糖尿病と口の状態というのはほとんど関係がないように思えるかもしれません。しかし、実際のところ、糖尿病を発症している人で歯周病になってしまっている人はとても多い状態になっています。この糖尿病と歯周病はどのような関係があるのかを調査するのは難航したようです。

 

糖尿病というのは、個人によって症状も異なっていますし、血糖の状態も違っています。それに歯周病は糖尿病ではない人でも発症してしまうヒトが多いですので関連性を調べるのはかなり大変だったそうです。ですが、今まで実施されてきた研究によって分かってきたことがいくつかあります。

 

糖尿病を発症していると歯周病を併発しやすくなる
調査内容によって若干違いがありますが、それでも糖尿病を発症していない人と比べると歯周病になる可能性が2倍以上あるということが分かってきています。さらに糖尿病を発症している場合、歯周病の症状が重くなりやすく、歯周ポケットのサイズや歯周病になってしまっている歯の数も大きくなりやすいということも判明されています。

 

そして、糖尿病を発症している期間が長期になっているほど、歯周病を発症する確率も高くなっている傾向もあります。糖尿病というのはいろいろな合併症を引き起こしてしまうことがありますが、歯周病も同じように合併症を引き起こしやすいという共通点があります。

 

血糖の調節がうまく行っていない人ほど歯周病の病状が重くなる傾向がある
歯周病の状態が進行している人というのは、血糖の調節が悪くなる傾向があり、合併症を引き起こしやすくなると言われています。

 

歯周病を発症している人が糖尿病になる可能性も高い
逆に歯周病を発症している人というのは、糖尿病を発症する確率が通常よりも高いということも分かってきているようです。歯周病になっていない人と比べると、歯周病を発症している人というのは、糖尿病の発症率が2倍位高くなっているとされています。

 

また、歯周病になっている人を調べると、糖尿病予備群になってしまっている人も多いですので、歯周病になっているのであれば糖尿病に対しても警戒をするようにしておかなくてはなりません。

 

歯周病の治療をしつつ、糖尿病 サプリでHbA1cの数値を低下させることで糖尿病対策をすることができるようになります。逆に糖尿病を発症している人で歯周病も併発してしまっている場合、歯周病の治療をすることで、HbA1cの数値を改善させることも可能なのだそうです。

 

更新履歴

Copyright (C) 2017 プロテインダイエットのやり方と効果ガイド All Rights Reserved.