トップページ ≫ プロテインのパウダーとタブレットの違い

プロテインのパウダーとタブレットの違い

最近話題になっているプロテインダイエットですが、どんなプロテインでもいいというのではなく、目的と効果を考えながら選ぶ必要があります。形状にも様々なものがあり、パウダータイプとタブレットタイプの2種類が主なものとなります。

 

成分は基本的に一緒になりますから、パウダーとタブレットで効果が変わるということはありません。ですから、含有量を考慮しながら、1回あたりの摂取たんぱく質量を同じくらいに調節することで同じように効果が出ると考えて良いでしょう。

 

しかしながら、違いは他の部分では明確にあって、まずは価格。パウダーと比較した場合にはどうしてもタブレットは高くなっていて、同量のたんぱく質の摂取費用が非常に高くついてしまいます。携帯性に優れていて、飲みやすいというメリットもありますが、こうしたデメリットがあるため今はパウダータイプの方が主流となっています。

 

しかし、どちらか、ではなくて、状況や目的を考えながらこうしたパウダーとタブレットを上手に使い分けることが賢明ではないかと思います。

 

たとえば、時間にも余裕があり、たんぱく質をしっかり補給したい場合にはパウダーを用いて、外出先や時間があまり取れない場合にはタブレットを用いるというように使い分けることができます。

 

その他にも、パウダー独特の粉っぽさが苦手な人や、味付けに苦手意識があって続けられなかったり、毎回溶かしても飲み物をそれだけ飲むのが大変という場合は、常時タブレットによってプロテインを摂取するのもアリだと思います。

 

基本は毎日の食事からバランスのとれた栄養を摂り、その上で不足分をパウダーやタブレットのプロテインを通して摂取するのが最良の方法です。プロテインに頼りすぎてしまわないように、食事もしっかり見直しましょう。

Copyright (C) 2017 プロテインダイエットのやり方と効果ガイド All Rights Reserved.