トップページ ≫ 冷え性を改善する

冷え性を改善する

冷えが動脈硬化を・コレステロール管理には肝臓を温める
肝臓が冷えるとコレステロールの代謝不全が生じて、動脈硬化が引き起こしすくなります。コレステロールの管理や食事・運動などを通じて動脈硬化の防止を言われてきていますが、動脈硬化を引き起こす危険が、食生活の管理以上に“冷え”が圧倒的に大きいのです。

 

食事で摂取されるコレステロール量は体内のわずか20%〜30%で、その他は、肝臓で70%〜80%作られています。その肝臓は、とても冷えに弱い臓器なのです。肝臓はコレステロールを分解する機能も担っており、肝臓が冷えて機能障害になり、コレステロールの管理に大変な悪影響が出てきます。

 

冷えにより肝臓の機能障害が起きると、体内の悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)との比率が正常値の3:1の割合が崩れ、総コレステロール量が増えたり悪玉コレステロールが過剰に増えることもあります。

 

血液中に悪玉コレステロールが過剰に増えると血管の内壁に入り込み、血液中の活性酸素が発生して酸化されます。白血球の一種「マクロファージ」が血管の内壁に入って酸化された悪玉コレステロールを吸収・消滅しようとしますが内壁に入ったまま死滅し、この死骸が血管内でプラーク(塊)になり、動脈硬化を引き起こすのです。

 

また中性脂肪と“冷え”は一緒に進行する傾向があり、冷えることで体内の中性脂肪が増加すると悪玉コレステロールを肝臓に送り返す。役割をしている善玉コレステロールの量が減ってしまいます。そうなると、悪玉コレステロールの量が増加し、動脈硬化はますます進行していきます。

 

更に進行して、高コレステロールやプラークにより血管内部が細くなると、心臓がより高い血圧で血液を送り出そうとするので、血圧が上昇し【高血圧症】を発症するのです。

 

血管内壁に出来たプラークが割れ出血すると、血小板により止血され、かさぶた状の物体ができ、それが血管内に詰まってできるのが血栓で、脳梗塞や心筋梗塞になどの“血栓症”です。※特に“冷え”による低体温時に血小板は凝固しやすいことが確認されています。

 

血栓症は脳卒中(脳梗塞・脳出血)や心筋梗塞など命に関わる病気に直結していますので、何があっても防がなければなりません。

 

1.肝臓を温める
これが一番のコレステロール・動脈硬化対策です着衣・室温・入浴などに留意し、体温が低くならないように心掛けましょう。肝臓を温める”といっても、肝臓から離れた足や下半身を温める「足湯・半身浴」の方がより一層効果的です。

 

2.有酸素運動に取り組みましょう。
ジョギングやウオーキングなどの有酸素運動は、足の筋肉を動かすことで“冷え”対策にも役立つちます。また、この有酸素運動は中性脂肪を減らす効果が得られ、善玉コレステロールを増やしてくれます。一酸化炭素窒素を合成する酵素が活発になって血管を押し広げてくれるというメリットも!!

 

3.食物繊維の摂取を心掛けましょう。
食物繊維はコレステロール値を下げるのに大いに役立ちます。また、ビタミンB群もコレステロール値を下げることが知られています。

 

4.ビタミンC・ビタミンEはコレステロールの酸化を抑え、動脈硬化の進行を遅らせてくれます。中でも、ビタミンEには酸化脂質を分解してくれますので、既に動脈硬化が始まっている方は意識して摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2017 プロテインダイエットのやり方と効果ガイド All Rights Reserved.