トップページ ≫ 弱酸性のシャンプーはどうして頭皮にいいの?

弱酸性のシャンプーはどうして頭皮にいいの?

毛髪にも頭皮にも優しいシャンプーを使いたいのであれば、弱酸性のシャンプーを使うべきです。どうして、弱酸性のシャンプーは、毛髪にも頭皮にも優しいのでしょうか?

 

一般的なシャンプーというのは、アルカリ性のシャンプーとなっています。ですから、弱酸性のシャンプーとは性質が正反対になっており、頭皮に負担をかけやすくなっています。人間の肌というのは、弱酸性になっています。そのため、弱酸性のシャンプーというのは、人間の肌に負担をかけにくくなっているのです。

 

弱酸性になっていることによって、雑菌が増えにくくなり、頭皮環境を維持することができるようになっています。ですが、アルカリ性のシャンプーを使ってしまうと、頭皮がアルカリ性になりやすくなってしまい、雑菌の繁殖を抑制することができなくなってしまうのです。その結果、頭皮に雑菌が増えすぎてしまって、フケや薄毛の原因に発展しやすくなってしまうのです。

 

シャンプーというのは、皮脂やほこり、汚れを取り除くことが目的となっています。ですが、皮脂を取り除きすぎてしまうと、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいやすくなってしまうのです。

 

皮脂を取り除きすぎてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。頭皮が乾燥してしまうと、頭皮を保湿しようと、皮脂が過剰分泌されてしまいます。そして、皮脂の量が増えてしまい、脂っぽい肌になってしまうのです。

 

また、アルカリ性のシャンプーというのは、毛穴を開いてしまうという特性があります。毛穴が開いてしまうことによって、毛穴にある皮脂まで取り除いてしまい、頭皮が乾燥してしまい、頭皮環境を悪化させてしまうことになるのです。

 

弱酸性のシャンプーは、頭皮の毛穴を開くこともありません。また、頭皮と同じ性質になっていますから、頭皮に馴染みやすくなっています。そのため、必要以上に皮脂を取り除くということが無くなり、頭皮環境を維持しやすくすることができるようになるのです。

 

弱酸性のシャンプーとして、アミノ酸シャンプーが代表的でしょう。アミノ酸シャンプーは、アルカリ性のシャンプーと比べると洗浄力は強くありません。そのため、頭皮にダメージを与えることなく、頭皮を綺麗にしていくことができるようになります。

 

また、肌に刺激を与えすぎるということもありませんから、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して利用することができるようになっているというメリットもあります。

 

酷い薄毛・抜け毛の場合は病院へ行く
ただし、抜け毛、薄毛が酷いと感じる場合にはシャンプーや育毛剤などで改善しようと思わずなるべく早く専門の薄毛治療の病院へいきましょう。というのは、酷い場合には脱毛症などの病気の可能性もあるからです。

Copyright (C) 2017 プロテインダイエットのやり方と効果ガイド All Rights Reserved.