トップページ ≫ エストロゲンが減ると骨はスカスカ

エストロゲンが減ると骨はスカスカ

女性にとって、閉経前後にあたる更年期は何かと体に変調が起きやすい時期でもあります。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ってしまうことにより、いろいろな病気にかかりやすくなってしまうからです。

 

その中のひとつに骨粗鬆症があります。エストロゲンが減少してしまうことにより、骨は徐々にスカスカの状態になっていきます。エストロゲンというのは、女性らしくてふくよかな体つき、そして瑞々しい肌を作ってくれるものです。

 

そのほかにも骨を守る働きもしています。どんな場合であっても変化がしていないようにみえる骨ではありますが、みえないところでいつも新陳代謝を繰り返しているのです。

 

破骨細胞の働きえ古い骨からカルシウムが溶け出して壊れていって、骨芽細胞によって骨にカルシウムが蓄えられ、再び新しい丈夫な骨が完成されるのです。更年期となるまでは、エストロゲンの働きによって破骨細胞の働きを抑制されていました。

 

エストロゲンのおかげで、骨からカルシウムが溶け出していくスピードと骨にカルシウムが蓄えられていくスピード、この2つのバランスがうまくとれていたのです。そのほかにも、エストロゲンはビタミンDの動きをスムーズにしてくれて、食事からカルシウムが吸収される働きを高めてくれていました。

 

ですが、閉経近くになりエストロゲンが急激に減ってしまうと、破骨細胞の働きを抑制するものがなくなってしまいます。骨に蓄えられるカルシウムよりも、溶け出してしまうカルシウムのほうが増えていき、骨はますます弱くなり、中身がスカスカの状態になっていきます。

 

骨粗鬆症にいいサプリ@骨密度を上げるならこれ!

 

Copyright (C) 2017 プロテインダイエットのやり方と効果ガイド All Rights Reserved.